アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
いま明かす! 旅を通じて広がった世界100景Y&Y
ブログ紹介
                    Expanding my knowledge through my travels.
    I want to share my experience and local culture, tradition, cuisine, art and nature.

私は、旅で色々なものを見たり、人と話したりするのが好きです。
インドネシア、トルコ、イタリア、中国、ペルー、韓国、オランダ、エジプト、オーストリア、フランス、クロアチア、メキシコ、カンボジア、アメリカ、台湾、スペイン、日本各地、東京と実家の京都、そして今暮らしている奈良。
私にとって旅は、ストレスがたまりがちな日々を一旦リセットして、リフレッシュさせてくれるもので、自分の視野を広めるきっかけになってきたと思いますし、きっとこれからも自分自身の教養となり、役立っていくと思っています。

このブログで、自分自身の思い出として記録するのと、旅先で気づいたことや感動したこと、登山等で感じた自然の素晴らしさ、歴史・文化の奥深さ、旅を通じて趣味となった芸術鑑賞の感想などを、写真や英会話も交えながら、妻とともに綴っていきます。

ブログを初めてから8年が経ち、25万人を越える多く方々に見ていただき、たまにブログ気持玉も残してくださるのでとても嬉しいです。ありがとうございます

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
徳川幕府の幕開け、絶頂期、そして終焉を見届けてきた二条城
徳川幕府の幕開け、絶頂期、そして終焉を見届けてきた二条城 学生時代に近くでアルバイトをしていて馴染みのある京都の二条城。 国内外を旅していると、京都は見るところがたくさんあり、まだまだ知らないところがたくさんあると思うようになりました。 そんな中で久しぶりに二条城を訪れると、今まで知らなかった発見がいくつもありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/12 07:25
太宰府政庁跡をボランティアガイドの方と一緒に歩いて案内してもらいました
太宰府政庁跡をボランティアガイドの方と一緒に歩いて案内してもらいました 昨年末に福岡に行った際、ついでに立ち寄った太宰府政庁跡のことをブログに書いてみます。 大宰府は、日本史で古代に九州地方を統括し、外交と軍事の一翼を担った役所と習いましたが、その場所が今もあるとは思いもしませんでした。 現在は、発掘調査の成果に基づいて礎石跡などが平面復元された史跡公園となっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/05 20:55
知らなかった! 豊臣秀吉ゆかりの豊国神社と宝物館、方広寺、豊国廟
知らなかった! 豊臣秀吉ゆかりの豊国神社と宝物館、方広寺、豊国廟 以前から少し気になっていた京都東山にある豊国神社に訪れてみました。 豊国神社内にある宝物館に加えて、偶然見つけた方広寺の梵鐘と、神社のパンフで初めて知った豊国廟もついでに訪れてきました。 観光の穴場のようで訪れる人は少なく、静かな雰囲気の中、ゆっくり散策できました。 宝物館は予想以上に見応えのある品々が展示されていましたし、これらを訪れたことで今まで知らなかった歴史の発見もありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/02 10:56
18年ぶりに訪れた松本城
18年ぶりに訪れた松本城 前回訪れた時は券売所の前を通って松本城天守に東から入って内部を見たのですが、訪れたという記憶だけでほとんど印象に残っていませんでした。 今回は天守の西にある埋橋から内堀を巡って松本城を見たので城をほぼ360度見渡したことになり、城の風格と美的景観を感じることができました。 また、天守最上階の六階天井で面白いものに気づきました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/31 22:33
重森三玲の岸和田城庭園(八陣の庭)を岸和田城天守閣最上階から見ると?!
重森三玲の岸和田城庭園(八陣の庭)を岸和田城天守閣最上階から見ると?! 先週、京都の重森三玲庭園美術館で知った岸和田城の八陣の庭を早速、見に行ってきました。 伝統的な庭園とは異なる独創的なデザインで、はるばる大阪の岸和田市まで行った甲斐がありました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/08/19 19:57
奈良国立博物館のとても見応えがあった展覧会 「春日大社のすべて」と「糸のみほとけ」
奈良国立博物館のとても見応えがあった展覧会 「春日大社のすべて」と「糸のみほとけ」 奈良国立博物館で春に開催されていた「春日大社のすべて」と、現在開催中の「糸のみほとけ」の展覧会を観覧しました。二つの展覧会ともとても見応えがありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/19 07:12
完全予約制で庭園と書院、茶室が公開されている重森三玲庭園美術館
完全予約制で庭園と書院、茶室が公開されている重森三玲庭園美術館 京都市吉田にある重森三玲が暮らした旧宅は、吉田神社の社家所有であったものを重森三玲が譲り受けたもので、現在は重森三玲庭園美術館として、完全予約制で庭園と書院、茶室が公開されています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/15 21:28
京都にこんなところがあったのか!?画家自らが外観と内装をデザインした堂本印象美術館
京都にこんなところがあったのか!?画家自らが外観と内装をデザインした堂本印象美術館 本屋で全国の美術館を紹介している雑誌を見ていると、堂本印象美術館が紹介されていました。 斬新で変わっていて日本の美術館とは思えない外観と内装に興味を持ち、京都に帰った際に訪れてきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/15 21:06
京都府笠置町にある笠置寺を訪れて、磨崖仏、巨石を巡る行場めぐり
京都府笠置町にある笠置寺を訪れて、磨崖仏、巨石を巡る行場めぐり 京都から奈良に帰る途中、笠置町に立ち寄り、笠置山にある笠置寺をハイキングして散策してきました。 JR笠置駅から歩いて40分で笠置寺に着きました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/14 22:11
京都の岩倉にある岩倉具視幽棲旧宅と実相院門跡を訪れました
京都の岩倉にある岩倉具視幽棲旧宅と実相院門跡を訪れました 大河ドラマの西郷どんに登場する岩倉具視が暮らした旧宅に行こうと、近くで観光する良いところはないか調べていたところ、実相院門跡の床みどりを偶然見つけました。 市バスと地下鉄の一日乗車券を買って、岩倉まで行ってきました。 岩倉は京都市内ですが、思っていた以上に市内中心街から離れていると実感しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/14 22:05
京都の西賀茂にある正伝寺で比叡山を借景にした枯山水庭園でのんびり
京都の西賀茂にある正伝寺で比叡山を借景にした枯山水庭園でのんびり 京都に帰省した時に母が行きたいと言った正伝寺。 京都市北区の西賀茂にある知る人ぞ知る借景庭園です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/14 21:53
多くの文化人を惹きつけた奈良のいいところを感じれる志賀直哉旧宅
多くの文化人を惹きつけた奈良のいいところを感じれる志賀直哉旧宅 奈良市の高畑にある志賀直哉旧宅は、数寄屋風の造りを基調に洋風の様式も巧みに取り入れ、昭和初期の当時としては進歩的で合理的な工夫が凝らされています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/04 22:15
大和文華館の水墨画を見て、目に見えないものまでを表現できる水墨画の奥深さを感じました
大和文華館の水墨画を見て、目に見えないものまでを表現できる水墨画の奥深さを感じました 大和文華館の水墨画-雪村作品一挙公開!-展に行ってきました。 ちょうど土曜の2時から始まる学芸員による展示解説も行われていましたので聞いてみました。解説を聞いてから再度、観賞すると、水墨画の奥深さをさらに感じることができました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/11 22:14
2000年前の弥生時代の風景がよみがえる唐古・鍵遺跡史跡公園
2000年前の弥生時代の風景がよみがえる唐古・鍵遺跡史跡公園 奈良県田原本町にある弥生時代の遺跡である唐子・鍵遺跡は史跡公園として今年開園したところで、唐子・鍵考古学ミュージアムもリニューアルされたことを知りましたので、のんびり歩いて散策してきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/09 22:33
移築された茅葺き民家もたくさんある大和民俗公園で息子と一緒に遊んで楽しみました
移築された茅葺き民家もたくさんある大和民俗公園で息子と一緒に遊んで楽しみました 一歳七ヶ月の息子と二人でJRとバスを利用して大和郡山市にある大和民俗公園へ行ってきました。 思った以上に広い大和民俗公園には、移築復原された江戸時代の民家が15棟もあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/29 19:34
馬見丘陵公園で、バラ園、パレード、古墳、巨大な滑り台などを親子で楽しみました
馬見丘陵公園で、バラ園、パレード、古墳、巨大な滑り台などを親子で楽しみました 5月20日(日)に、奈良県営馬見丘陵公園に息子を連れて行ってきました。 青空の下で、緑豊かな公園のいたるところに色鮮やかな花々が咲いています。 自然豊かなこの公園は、調べてみてわかったのですが、佐紀盾列古墳群、大和柳本古墳群と並ぶ大和三大古墳群の一つの馬見古墳群の一画にあり、園内には4〜5世紀に築造された古墳が9つもあります。 この辺りの馬見古墳群は墳丘長200メートルを超える規模の古墳を含む250基を超える大古墳群だったのです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/22 22:40
すごく見応えがある南蛮文化館のキリシタン遺品と南蛮美術のコレクション
すごく見応えがある南蛮文化館のキリシタン遺品と南蛮美術のコレクション 大阪の阪急中津駅のすぐ近くにある南蛮文化館は、収集してきた日本近世のキリシタン遺品と南蛮美術のコレクションを5月と11月の年2回のみ開館して展示するという、個性的な私立美術館です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/13 18:00
三重県亀山市にある関宿〜旧東海道の宿場町で往時の面影を残す唯一の歴史的な町並み〜
三重県亀山市にある関宿〜旧東海道の宿場町で往時の面影を残す唯一の歴史的な町並み〜 三重県亀山市にある関宿は、江戸時代に東海道五十三次の47番目の宿場で、現在は旧東海道の宿場町のほとんどが旧態をとどめていない中にあって、往時の面影を残す唯一の歴史的な町並みです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/12 21:24
奈良県五條市にある金剛寺のぼたん園に咲く花々
奈良県五條市にある金剛寺のぼたん園に咲く花々 小さな頃から全く植物に興味を持たなかった私ですが、旅先で見た植物の名前は何かを、最近、息子のために買ってきた図鑑NEO「植物」で調べるのに少し興味が出てきたようです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/03 07:45
年に一度、聖徳太子の命日にだけ見れる四天王寺の天王寺舞楽
年に一度、聖徳太子の命日にだけ見れる四天王寺の天王寺舞楽 前から見てみたかった大阪の四天王寺の天王寺舞楽を、奈良に移り住んで4年目にしてやっと見ることができました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/03 07:27
宇陀松山の町並み、森野旧薬草園、宇陀松山城跡、阿騎野・人麻呂公園
宇陀松山の町並み、森野旧薬草園、宇陀松山城跡、阿騎野・人麻呂公園 近鉄・榛原駅からバスで約15分ほど行ったところに宇陀松山の歴史ある町並みがあります。 飛鳥時代から「阿騎野」と呼ばれ、宮廷の狩場(薬猟)だった大宇陀に、戦国時代に秋山氏が城を築き、その麓に栄えた城下町が宇陀松山の始まりとされています。 以後、宇陀松山藩や幕府直轄の天領の時代など、歴史のうねりの中で変遷を繰り返し、それぞれの時代の影響を受けながら、今日の町並みが形成されてきました。 江戸時代には、「宇陀千軒」と呼ばれるほど賑わいを見せていたようです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/03 07:14
真田昌幸・幸村父子ゆかりの九度山を訪れ、驚きの事実を知りました
真田昌幸・幸村父子ゆかりの九度山を訪れ、驚きの事実を知りました 真田昌幸・幸村父子は上田城の戦いで徳川軍本隊に勝利しつつも、関ヶ原の合戦では西軍が負けたため、蟄居を命じられて九度山(今の和歌山県九度山町)へやってきました。 その頃、暮らしていたといわれる屋敷跡に善名称院というお寺が建っていて、真田父子ゆかりの「真田庵」となっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/03 06:24
五條新町の町並み〜江戸時代に建てられた町家の占める割合が高い全国屈指の歴史ある町並み〜
五條新町の町並み〜江戸時代に建てられた町家の占める割合が高い全国屈指の歴史ある町並み〜 奈良県五條市にある五條新町の町並みは、関ケ原の戦いの功績により大名として二見城に入った松倉重政が、中世から栄えていた五條村と二見村を結ぶため、吉野川と並列する道路に沿った町割を施工して新町をつくり、諸役を免除して多くの商人を全国から集められ、紀州街道沿いの商人の町・宿場町として栄えました。 江戸時代の建物は70軒もあり、江戸時代に建てられた町家の占める割合が高い全国屈指の歴史ある町並みです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/03 05:57
奈良町にある十輪院を訪ねて静かにその美を観賞
奈良町にある十輪院を訪ねて静かにその美を観賞 奈良町には十輪院という小さなお寺があります。 近くに住んでいるのですが、十輪院のことは全く知らず、先日、観光案内所でもらったパンフレットに少し紹介されていて、興味があったので訪れてみました。 東大寺、興福寺などの観光の中心地から離れ、奈良町の中心からも少し離れているので、人通りもほとんどなく落ち着いた感じがあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/15 21:49
日本一の山城が奈良にある!? かつてのお城の地図をたよりに高取城跡をハイキング
日本一の山城が奈良にある!? かつてのお城の地図をたよりに高取城跡をハイキング 近鉄の壺阪山駅から約2時間、高取城跡までハイキングをしてきました。 高取藩の城下町として多くの人々が往来した土佐街道沿いにある夢創館(高取町観光案内所)で、かつてのお城の地図「高取城之図」や城跡のリーフレットをいただき、その地図をたよりに往時の高取城を想像しながら楽しみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/15 20:47
石清水八幡宮で参道をのんびりと歩いて点在する歴史スポットを散策
石清水八幡宮で参道をのんびりと歩いて点在する歴史スポットを散策 先日、京都府八幡市にある石清水八幡宮に行ってきました。今回が2度目でした。 最初に訪れたのは学生時代。淀にある京都競馬場に行く前に、ケーブルカーを使って訪れた石清水八幡宮で参拝して、おみくじで勝負の神様に運だめししたところ、大吉がでました。 張り切って競馬をしましたが、結果は完敗。大吉でも下降運だったので競馬場に着く前に下降してしまったのかと残念な思いをしたのを覚えています。 今回は、以前とは違って、歴史と文化に興味が出てきたので、ケーブルカーを使わずに参道をのんびりと歩いて、境内に点在す... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/10/12 21:39
天理大学附属参考館の特別展「古典の至宝」と、常設展示「世界の考古美術」はとても見応えがありました
天理大学附属参考館の特別展「古典の至宝」と、常設展示「世界の考古美術」はとても見応えがありました 奈良県内の美術館・博物館の展覧会情報のなかで興味をもった天理大学附属天理参考館で開催されている特別展「天理図書館 古典の至宝」。 特別展は古事記等の有名な古典の現物をじっくり観賞できましたし、常設展示「世界の考古美術」も展示品が予想以上に充実していて見応えがあり、楽しめました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/09 22:11
伊賀上野を訪れて、伊賀上野城、俳聖殿、伊賀流忍者博物館、だんじり会館を巡る
伊賀上野を訪れて、伊賀上野城、俳聖殿、伊賀流忍者博物館、だんじり会館を巡る 奈良駅からJRで1時間ほどで行ける三重県伊賀市。伊賀の定番観光スポットである伊賀上野城、俳聖殿、伊賀流忍者博物館、芭蕉翁記念館、だんじり会館を巡ってきました。 伊賀には知らなかった歴史が多く、予想以上に見どころがたくさんありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/17 14:37
京都の醍醐にある法界寺、醍醐寺で国宝を巡る
京都の醍醐にある法界寺、醍醐寺で国宝を巡る 先日、京都に一人で帰省した時、母と久しぶりに文化財巡りの散策に出かけました。 今回は、醍醐ヘ国宝の建物と仏像を見に、法界寺と醍醐寺を訪れました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/12 20:41
大和三名園の一つで借景庭園のある慈光院と、山背大兄王ゆかりの地である法起寺と法輪寺をのんびりと散策
大和三名園の一つで借景庭園のある慈光院と、山背大兄王ゆかりの地である法起寺と法輪寺をのんびりと散策 週末、久しぶりに時間ができたので、今、住んでいるJR奈良駅からJR大和小泉駅へとひと足のばして、前から行ってみたかった大和三名園の一つである慈光院庭園と、聖徳太子の子、山背大兄王ゆかりの地である法起寺と法輪寺に行ってきました。 JR大和小泉駅からは、3つとも歩いて行ける距離なので、のんびりと散策してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/09 07:20
海北友松、この絵師ただものでない! 気迫溢れる「雲龍図」、詩情豊かな「月下渓流図屏風」と多様な水墨画
海北友松、この絵師ただものでない! 気迫溢れる「雲龍図」、詩情豊かな「月下渓流図屏風」と多様な水墨画 京都国立博物館で開催されていた特別展「海北友松」(かいほうゆうしょう) 数年前に東京国立博物館の常設展示で海北友松の水墨の屏風を見て、印象に残ったのをおぼろげに覚えていましたが、当時、画家のことや他の作品は全く知らず、海北友松のことはずっと気になっていました。 海北友松の見応えのある作品が一堂にそろった今回の回顧展を通して、海北友松のおいたちから、多様に変化していった画風がよくわかり、予想してた以上に楽しめました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/09 05:35
「スペインに1日しかいないのなら迷わずトレドへ行け」といわれるのも納得の絶景とエル・グレコの絵も満喫
「スペインに1日しかいないのなら迷わずトレドへ行け」といわれるのも納得の絶景とエル・グレコの絵も満喫 2016年元旦に、マドリードからトレドへ日帰り旅行に行きました。 タホ川に囲まれたトレドの旧市街は中世そのままの姿で残っていて、世界遺産に登録されています。 エル・グレコが過ごした街でもあり、日本ではほとんど見ることがないエル・グレコの傑作絵画を観賞することができます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/07 06:40
台湾の昼と夜で表情を変えるノスタルジックな街で、茶芸館のお茶や台湾料理を満喫
台湾の昼と夜で表情を変えるノスタルジックな街で、茶芸館のお茶や台湾料理を満喫 九份(ジィウフン)は、山の斜面にあり、昼は高台から望む爽快な海と山の景色、夜は赤い提灯に灯される昔ながらの街並みと、時間帯によって表情を変えるノスタルジックタウンです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/03 09:59
カンボジアのアンコール遺跡を巡るF プリヤ・カーンで小さい頃の宝探しのような冒険心を楽しむ
カンボジアのアンコール遺跡を巡るF プリヤ・カーンで小さい頃の宝探しのような冒険心を楽しむ カンボジアにあるアンコール遺跡の一つプリヤ・カーンは、密林に眠る遺跡といった感じで、小さい頃の宝探しのような冒険心をくすぐられる遺跡探検が楽しめました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/01 22:41
台北の迪化街 母と妻と老舗問屋のレトロな建物が立ち並ぶ街を散策してショッピング
台北の迪化街 母と妻と老舗問屋のレトロな建物が立ち並ぶ街を散策してショッピング 台北の中でもちょっと変わったノスタルジックな雰囲気を残す迪化街(ディーホアジエ)のメインストリートを散策しました。 迪化街は、18世紀末に中国からの移民が水運を利用して形成した街で、通りの両脇には乾物や漢方などの老舗問屋の20世紀初頭の洋風建物が立ち並ぶレトロな問屋街です。 母と妻はお目当てのショッピングを楽しんでいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/01 08:56
台北・忠烈祠の微動だにせず立ち続ける衛兵、一糸乱れぬ勇壮な行進と華麗な銃剣さばきの衛兵交代式
台北・忠烈祠の微動だにせず立ち続ける衛兵、一糸乱れぬ勇壮な行進と華麗な銃剣さばきの衛兵交代式 母と妻と3人で行った台湾旅行in2015。 宿泊した台北圓山大飯店(グランドホテル)から歩いていける忠烈祠に衛兵交代式を見に行ってきました。 忠烈祠は、辛亥革命から現代までに殉死した英霊を祀る政府管轄の祭祀場で、陸海空軍の精鋭の衛兵たちによる一糸乱れぬ勇壮な行進と華麗な銃剣さばきを見ることできます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/31 21:07
春日若宮おん祭りは、影向の松の下でお渡り式と松の下式を同時に見てから、御旅所祭を見るのがオススメです
春日若宮おん祭りは、影向の松の下でお渡り式と松の下式を同時に見てから、御旅所祭を見るのがオススメです 春日若宮のおん祭りは、平成19年に遷幸の儀と暁祭のみを見たのですが、風流な時代行列で有名なお渡り式などもいつか見てみたいと思っていました。 今年は土曜日に行われるので、先に奈良国立博物館の特別陳列を見て少し勉強してから、おん祭りを見に行ってきました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/18 09:55
「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」展を見て、ヴェネツィアの巨匠の系譜が体系的によくわかりました
「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」展を見て、ヴェネツィアの巨匠の系譜が体系的によくわかりました 国立国際美術館で開催されているアカデミア美術館所蔵「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」展を見に行ってきました。 特別出品されていたティツィアーノの「受胎告知」に再会できたことが嬉しく、ヴェネツィアの巨匠の系譜が体系的にわかり勉強にもなりました。 また、当日、神戸大学の宮下規久朗教授による「ヴェネツィア美術の一千年」と題した講演会で、ヴェネツィアの絵画の画像をたくさん見ることができ、ヴェネツィア旅行で見た数々の名画を思い出しました。 旅行前に塩野七生 宮下規久朗の共著「ヴェネツィア物語」を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/13 21:46
上野の国立科学博物館で、2万年前に描かれたラスコー洞窟の彩色壁画を体感できます
上野の国立科学博物館で、2万年前に描かれたラスコー洞窟の彩色壁画を体感できます 今から2万年前、フランス南西部のヴェゼール渓谷にあるラスコー洞窟に、躍動感溢れる動物たちの彩色壁画が描かれました。 壁画を描いたのはクロマニョン人です。 地下の空間は全長約200m、地表下12mから20mにあり、クロマニヨン人が合計約600頭もの動物と多くの記号を残しました。 彼らが描いた数ある壁画の中でもラスコー洞窟の壁画は色彩の豊かさや、技法、描かれた動物の数と大きさなどが格別に素晴らしく、世界遺産に登録されました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/03 09:24
奈良県橿原市にある本薬師寺跡と見頃を迎えていたホテイアオイ
奈良県橿原市にある本薬師寺跡と見頃を迎えていたホテイアオイ 9月10日、奈良県橿原市にある本薬師寺跡に訪れました。 ニュースでホテイアオイが見ごろを迎えていると知り、今井町の町並みを見に行く前に立ち寄りました。 奈良に移り住んで以来、矢田寺のアジサイ、葛城山のツツジ、吉野のサクラ、藤原宮跡のコスモス、飛鳥のヒガンバナ、春日大社の藤、室生寺のシャクナゲ、長谷寺のボタンなどを見て、花を見るのも楽しみの一つになっています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/27 08:24
墳丘の長さは、エジプトのクフ王のピラミッド、中国の秦の始皇帝陵より大きく世界最大の仁徳天皇陵古墳
墳丘の長さは、エジプトのクフ王のピラミッド、中国の秦の始皇帝陵より大きく世界最大の仁徳天皇陵古墳 大阪の堺市にある百舌鳥古墳群。かつてここに100基以上の古墳が築かれたといわれていますが、現在、44基の古墳が1500年の時を超えて残っています。 以前から訪れてみたかった日本一の大きさを誇る仁徳天皇陵古墳。堺市博物館と堺市役所の展望ロビーとあわせて、散策に行ってきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/26 16:02
大阪の堺を歴史散策。鉄砲、茶の湯から歴史の意外なミステリーまで見所がたくさんあります
大阪の堺を歴史散策。鉄砲、茶の湯から歴史の意外なミステリーまで見所がたくさんあります 大阪の堺市を訪れ、百舌鳥古墳群を散策した後、かつて国際交易で栄え、日本を代表する都市として知られた堺の面影を感じられる、歴史的名所を散策してきました。 鉄砲、茶の湯から、織田信長や徳川家康とゆかりのある寺、歴史の意外なミステリーまで、知らなかった見所がたくさんあり、楽しめました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/26 16:02
大阪歴史博物館で開催されていた真田丸展の観覧と、大坂夏の陣での真田信繁(幸村)ゆかりの地を訪れる
大阪歴史博物館で開催されていた真田丸展の観覧と、大坂夏の陣での真田信繁(幸村)ゆかりの地を訪れる NHK大河ドラマ「真田丸」を毎週、楽しみにしている私ですが、大阪歴史博物館で開催されていた真田丸展と、大坂夏の陣での真田信繁(幸村)ゆかりの地、茶臼山古戦場跡と安居神社を訪れてきました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/26 09:15
難波宮跡公園と大阪歴史博物館を訪れ、難波宮とかつてこの辺りは海に囲まれていたことを知りました
難波宮跡公園と大阪歴史博物館を訪れ、難波宮とかつてこの辺りは海に囲まれていたことを知りました 大阪城跡公園の南西にある難波宮跡公園では、 難波宮の大極殿基壇や内裏、朝堂院などがレンガ・土盛りなどで復元整備されています。 難波宮跡公園はビルで囲まれています。 かつてこの周辺はたび重なる開発で消滅の危機に瀕しましたが、「遺跡は一度壊したら再びつくれない」と山根徳太郎の執念と多くの大阪市民の力で、大都市の中に史跡公園として保存されてきたのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/26 09:15
お寺の境内にえっ!洋風建築? 生駒山にある宝山寺の獅子閣
お寺の境内にえっ!洋風建築? 生駒山にある宝山寺の獅子閣 奈良県の生駒山の中腹にある宝山寺。 境内には珍しい洋風建築の獅子閣があり、8月は日曜に内部が特別公開されていたので見に行ってきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/09/18 08:14
町全体が江戸時代の姿を残す今井町では、静かで昔から変わらない落ち着いた雰囲気を味わうことができます
町全体が江戸時代の姿を残す今井町では、静かで昔から変わらない落ち着いた雰囲気を味わうことができます 以前から訪れてみたかった奈良県橿原市にある今井町の歴史ある町並み。 現在も500軒もの町屋が連なり、町全体が江戸時代の姿を残しています。 今も人々が住居として暮らされていて、観光地化されていないので、静かで落ち着いた雰囲気がそこにはあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/09/14 22:09
元興寺の極楽堂と禅室の屋根には、なんと1400年の時を経ても現役の古代瓦があります!
元興寺の極楽堂と禅室の屋根には、なんと1400年の時を経ても現役の古代瓦があります! 奈良の今の住んでいる家から歩いて10分ぐらいのところにある元興寺。 いつでも行けると思いなかなか今まで行く機会がありませんでしたが、古代瓦を間近で見学できる特別企画と本尊の厨子入智光曼荼羅を特別公開しているようなので足を運んでみたところ、興味深いものをたくさん発見しました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/09/13 22:20
大阪市立美術館で、知らなかったアメリカのデトロイト美術館の名画の数々を楽しむ
大阪市立美術館で、知らなかったアメリカのデトロイト美術館の名画の数々を楽しむ 最近、美術鑑賞をしていないので、久しぶりに絵を見て楽しみたいと思っていたところ、駅にあった展覧会のチラシが目にとまりました。 チラシにゴッホの自画像がのっている大阪市立美術館で開催中のデトロイト美術館展です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/04 20:51
大阪府太子町にある叡福寺、聖徳太子御廟、シルクロードの東の終着点であった竹内街道、太子温泉等を巡る
大阪府太子町にある叡福寺、聖徳太子御廟、シルクロードの東の終着点であった竹内街道、太子温泉等を巡る 前の週に登山した二上山の西麓にある大阪府太子町。 太子町には、敏達、用明、推古、孝徳の天皇陵と聖徳太子の御廟があり、梅の花びらが5枚であることになぞられ梅鉢御陵や「王陵の谷」と呼ばれているようで、法隆寺や飛鳥以外にも聖徳太子ゆかりの地があることを知りましたので、早速、ウオーキングを兼ねて歴史散策に出掛けてきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/27 20:39
今まで旅先で遠くから見ていた二上山に登山と、香芝市二上山博物館で二上山の石について知る
今まで旅先で遠くから見ていた二上山に登山と、香芝市二上山博物館で二上山の石について知る 奈良県葛城市と大阪府太子町にまたがる雄岳(517m)と雌岳(474m)の二峰からなる二上山(にじょうざん)。 三輪山の山裾にある桧原神社から正面に見えた二上山、明日香村から見えた夕日と二上山など、今まで奈良の旅先で二上山の美しいシルエットを何度も目にしました。 眺めるだけでなく、二上山に実際に登ってみようと思い立ち、登山と二上山をもっと知るために博物館にも足を運びました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/20 06:23

続きを見る

トップへ

月別リンク

私のサバイバル英会話

いま明かす! 旅を通じて広がった世界100景Y&Y/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる