いま明かす! 旅を通じて広がった世界100景Y&Y

アクセスカウンタ

zoom RSS 今回で3度目の軽井沢観光。中軽井沢をサイクリングで千住博美術館とセゾン現代美術館を巡ってきました。

<<   作成日時 : 2013/06/14 21:06   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

軽井沢観光は、今回で3回目。
友達や彼女がいいよと言っている千住博の美術館に前から行ってみたいとずっと思っていました。
日曜日、朝早くに目覚めて、そうだ軽井沢に行こうと思い立ち、新幹線に乗って軽井沢へ行ってきました。

東京からは新幹線で1時間10分程度で軽井沢へ。
やはり軽井沢は涼しい。
新幹線を下りた瞬間、ひんやりとしました。

さらに、しなの鉄道で中軽井沢駅へ移動。
駅の近所にあったレンタサイクルのお店で自転車を借りて、地図を見ながら美術館巡りのサイクリングです。

天気が良いので、久しぶりの自転車でのサイクリングはとても気持ち良かったです。


軽井沢千住博美術館

画像


画像


美術館の周りには色とりどりの木々と多年草が美術館を包むように植えられています。


美術館は、自然のままの傾斜のある地形を活かしたつくりで、床はコンクリート打ちっぱなし、天井と作品を飾るパテーションは白で統一されています。

やわらかなフォルムのガラス越しには、イエロー、グリーン、シルバー、レッドの様々な草木が生えるガーデンが見え、吹き抜けの空間からは自然光も入ってきます。

ゆったりした空間に作品が展示されていて、この美術館には観賞の順路というものはありません。

明るくて開放感があり、とても素敵な美術館の設計は、建築家・西沢立衛によるものです。


The Fall room

1995年、日本代表として第46回ヴェネツィア・ビエンナーレに出展し、東洋人として初めて名誉賞を受賞した千住博の代表作「The Fall」の展示と観賞のためだけの空間。
真っ暗な地下宮殿のような室内に、黒を背景にした白の水しぶきをあげる滝の作品と、滝のその裾野には水が張られています。


美術館入口から「The Fall room」に至る往路には形状、色彩など様々な表現方法による「滝」作品、復路には「滝」以外の「星のふる夜に」などの作品が展示されていました。

「ウォーターフォール♯4」

2010年に横浜で開催されたAPEC JAPAN2010で、日本首脳会談の会場に展示されていたものです。


「ディフォール/ナイトフォール」

部屋に入ると、今までみたことがない作品を目に飛び込んできました。
幻想的でスゴイと感動しました。

蛍光塗料で塗られた滝の作品。
ブラックライトが当てられ、作品が妖しい光沢を放っています。

しばらくソファに座って見とれていました。



自然の傾斜を活かし、白を基調とした内装に、ガラス越しに見える鮮やかな草木と自然光、その斬新な美術館自体の内装にまず感動し、
つづいて幻想的な滝の作品の数々にも感動しました。

東京からはるばる軽井沢まで来た甲斐が十分ありました。


美術館観賞後、隣接する浅野屋のベーカリー&カフェのモッツアレラチーズとトマトの入ったパンをいただきました。
とても美味しかったです。


さて、次はセゾン現代美術館を目指してサイクリング。
途中、坂道で傾斜がきついところがあったので、自転車を押して歩いて登りました。

ようやくセゾン現代美術館付近に辿り着きましたが、山の中で入口が目立たないので危うく見落として通り過ぎるところでした。



セゾン現代美術館

画像


まさに森の中にある美術館。
美術館前の庭にはオブジェがいくつかあります。

当日、美術館で行われていた企画展「千紫万紅」
現代アートと東洋や日本の古美術品をコラボして展示されていました。

作品どうしはどのように調和するのか?
あるいは激しく競い合うのか?
千思万考の展示空間を楽しむという美術館コレクションによる実験的な試みの展示でした。

ジャクソン・ポロック & 蒔絵の漆芸品

クレーとカンディンスキー & 蒔絵の漆芸品

アンディー・ウォーホール & 鏑木清方、伊東深水らの女性画

マーク・ロスコ & 陶磁器

見たかった現代美術コレクションがたくさん展示されていましたし、私には相反する作品はしっくりと調和しているように見え、なかなか面白い展示だなと思いました。



帰り道は、千ヶ滝温泉で入浴した後、ハルニレテラスに立ち寄って、ちょっと買い物。

ふらっと入ってみた雑貨屋さんの店内には、ステンドガラスの小物入れの数々。
その中で目にとまり、気に入ったものがあったので彼女にプレゼントとしてあげようと思い購入しました。
喜んでくれるといいのですが。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

私のサバイバル英会話

今回で3度目の軽井沢観光。中軽井沢をサイクリングで千住博美術館とセゾン現代美術館を巡ってきました。 いま明かす! 旅を通じて広がった世界100景Y&Y/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる