いま明かす! 旅を通じて広がった世界100景Y&Y

アクセスカウンタ

zoom RSS 太陽によって表情を変えるアブシンベル神殿(エジプト・アブシンベル 2006)

<<   作成日時 : 2009/05/27 01:40   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

紀元前1250年頃の古代エジプトで、ラムセスU世が建造したアブシンベル大神殿。
1960年代にダム建設で水没に危機にさらされましたが、世界に遺跡救済を呼び掛けたユネスコにより移築・保存され、現在もその姿を見ることができます。


カイロの空港を朝4:00に発ち、アブシンベルに6:45に到着。
初めて見たアブシンベル神殿は、朝日に照らされ、オレンジ色をしていました。

画像


神殿内の大列柱室は、高さ9mもの王の立像が立ち並び、見る者を圧倒します。
壁には浮き彫りで、今でも色鮮やかな壁画が一面に描かれていて、一番奥には、万物の創造の神、王の守護神、神格化されたラムセスU世、太陽神の座像が並んでいます。

ラムセスU世は、この大神殿に大胆な演出を仕組みました。

それは、なんと春分と秋分の年2回だけ、神殿の入口から太陽の光が差し込み、一番奥にある4神を暗闇から光で浮かび上がらせるのです。
この瞬間、偉大なる王ラムセスU世は、神々とともに永遠の力を示すのでしょう。

大神殿の隣にある小神殿の中を見学した後、外に出てアブシンベル大神殿を見ると、太陽が空高く上ったため、早朝に見た時から大神殿の色が変わっていました。

巨像の表情もなにかやさしく変わったような気が・・・。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
海底からよみがえるクレオパトラが暮らしたアレキサンドリア(エジプト・アレキサンドリア 2006)
エジプトにある地中海に臨む都市アレキサンドリアは、20歳の若さで大王に即位し、ギリシャ、エジプトから西アジアを征服し大帝国を築いたアレキサンダー大王によって紀元前332年に建設された都市です。 この地には、絶世の美女、7ヶ国語を自由に操り人を引き込む会話術をもっていたなど様々な伝説があるクレオパトラが暮らした宮殿がありました。 ...続きを見る
いま明かす、旅で出会った世界の100景
2009/07/06 00:20
「海のエジプト展」 海底からよみがえった古代都市アレクサンドリアの至宝 (横浜 2009)
行ってきました! 楽しみにしていた「海のエジプト展−海底からよみがえる、古代都市アレクサンドリアの至宝」に。 海底に沈んでいた古代都市アレクサンドリアが長い時を超えて、私たちの前にその姿を現しました。 ...続きを見る
いま明かす、旅で出会った世界の100景
2009/07/19 21:43
英語で自己紹介をしますので、ぜひ見てください!! 【Self-Introduction】
Hi, I’m Yasuyuki. I’m in my 30s. I work as a public servant in Tokyo. I’m from Kyoto. Kyoto has many historical and wonderful places. ...続きを見る
いま明かす、旅で出会った世界の100景
2010/04/25 15:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

私のサバイバル英会話

太陽によって表情を変えるアブシンベル神殿(エジプト・アブシンベル 2006) いま明かす! 旅を通じて広がった世界100景Y&Y/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる