いま明かす! 旅を通じて広がった世界100景Y&Y

アクセスカウンタ

zoom RSS 奈良県橿原市にある本薬師寺跡と見頃を迎えていたホテイアオイ

<<   作成日時 : 2016/11/27 08:24   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

9月10日、奈良県橿原市にある本薬師寺跡に訪れました。
ニュースでホテイアオイが見ごろを迎えていると知り、今井町の町並みを見に行く前に立ち寄りました。
奈良に移り住んで以来、矢田寺のアジサイ、葛城山のツツジ、吉野のサクラ、藤原宮跡のコスモス、飛鳥のヒガンバナ、春日大社の藤、室生寺のシャクナゲ、長谷寺のボタンなどを見て、花を見るのも楽しみの一つになっています。

本薬師寺跡周辺の水田に約14,000株のホテイアオイを植え付けられていて、訪れた当日は満開でした。
株の植え付けは、7月に地元の小学校の生徒たちがおこなったようです。
画像

画像

画像

大勢のカメラを持った方がいらっしゃったので、なんだろうと近づいてみると、
親子のタマシギがホテイアオイの花の間から見え隠れしているではないですか!
子供のタマシギは小さくて愛らしかったです。
画像


本薬師寺跡
日本書記によると、680年、天武天皇が皇后(のちの持統天皇)の病気平穏のために、発願した寺。
藤原京から平城京へ遷都に伴い、平城京内に薬師寺が創建され、以後、もとの伽藍は本薬師寺といわれました。
発掘調査により、本薬師寺は平城薬師寺と同規模の二塔一金堂をもつ薬師寺式伽藍配置であったこと、主要伽藍は平城京遷都後も存続し、修造に際して平城薬師寺の瓦が供給されていることがわかっています。
現在、金堂基壇上には本堂と庫裏が建ち、その前庭や東西両塔跡には当時の礎石が残っています。
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

私のサバイバル英会話

奈良県橿原市にある本薬師寺跡と見頃を迎えていたホテイアオイ いま明かす! 旅を通じて広がった世界100景Y&Y/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる