いま明かす! 旅を通じて広がった世界100景Y&Y

アクセスカウンタ

zoom RSS 大阪の堺を歴史散策。鉄砲、茶の湯から歴史の意外なミステリーまで見所がたくさんあります

<<   作成日時 : 2016/11/26 16:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

大阪の堺市を訪れ、百舌鳥古墳群を散策した後、かつて国際交易で栄え、日本を代表する都市として知られた堺の面影を感じられる、歴史的名所を散策してきました。
鉄砲、茶の湯から、織田信長や徳川家康とゆかりのある寺、歴史の意外なミステリーまで、知らなかった見所がたくさんあり、楽しめました。

中近世の堺の町について
交通の要所として発展しつつあった堺の町が、応仁の乱の影響で遣明船の発着港となってから、会合衆とよばれる有力商人たちが中心となり、周囲に環濠をめぐらせて町を守り、独自の自治都市として町の運営を行いました。

種子島に伝来したばかりの鉄砲を、堺商人はすぐに知りその製造技術を堺に持ち帰り、堺は日本一の鉄砲の生産地となりました。

キリスト教の宣教師たちは、「堺という町には裕福な商人がたくさん住んでいる。そして他のいかなる日本の地方もおよばないくらいに、そこに金銀が流れ込んでいる」や、「都を除いては堺よりも重要な所があるとも思えなかった。堺は日本のベニスである」と記すほどの繁栄ぶりでした。

貿易・金融業による経済力を背景に、戦国大名の三好氏や松永氏ともわたりあってその保護をえましたが、織田信長の軍事的圧力には屈服しました。

大坂夏の陣の余波により町は全焼しますが、江戸幕府によって堺の町域が広げられ、碁盤の目状に整備されます。
今も町の北側は、第二次世界大戦で焼失せずに残っている町家などを見ることができます。


1.堺市博物館
自由都市・堺を紹介するゾーンがあり、堺の歴史が解説されています。
堺と近江国友の鉄砲鍛冶の合作、世界最長の3mもある火縄銃「慶長大火縄銃」なども展示されています。
画像


2.鉄砲鍛冶屋敷
種子島に伝わった鉄砲の製法が堺に伝わってから、堺は日本一の鉄砲生産地になりました。
江戸時代の鉄砲鍛冶屋敷の面影を残す唯一の貴重な建物です。
画像


3.妙國寺
妙國寺のソテツ(蘇鉄)は、二度の大火をくぐり抜け生き残り、樹齢1100年といわれています。
古くから堺の名木の一つとして知られていましたが、織田信長がこの木を安土城に移植したところ、毎夜、「堺へ帰ろう」と泣いたため、ソテツに霊があるのであろうと妙國寺に返したという伝説があります。

本能寺の変の時、徳川家康は妙國寺に宿泊していて、伊賀越えで岡崎に苦労して帰ったという家康の逸話も語り継がれています。

徳川家康に仕えた小堀遠州は、家康が妙國寺で心安らかに滞在できるように、石組みの中央に富士山、右側に富士川、左側に大井川が流れ遠州灘に注いでいる景観を取り入れ、蘇鉄の枯山水の庭に家康の故郷・駿府の国を再現したと伝えられています。

拝観料を払うと、本堂から南国の趣と日本のわびさびが調和した見事な蘇鉄の枯山水と、妙國寺に残る信長が寄贈した硯箱、秀吉が寄贈した御菓子箱、文机等の宝物も見ることができます。
画像


4.千利休屋敷跡
納屋衆の長男として堺に生まれた千利休。
17歳の時、堺に住む北向道陳に茶の湯を学び、のちに同じく堺に住む豪商で茶人の武野紹鷗に師事。
その後、茶の湯を大成しました。
千利休屋敷跡には利休ゆかりの椿の井戸が残っています。
画像


5.南宗寺
畿内・阿波国の戦国大名・三好長慶が建立した寺。
若かりし千利休はこの寺で修行し、禅の心を茶の湯に昇華させたといわれています。
枯山水の庭園、利休好みの茶室「実相庵」、仏殿の八方睨みの龍と見どころがたくさんあります。
画像

画像

画像


「南宗寺史」には、徳川家康が、大坂夏の陣の時、真田幸村の奇襲を受けて輿にのって逃げる途中、後藤又兵衛の槍に突かれ、辛くも堺まで落ちのびたが、駕籠をあけると絶命しており、遺骸を南宗寺の開山堂に隠し、後に改葬した」との伝説が紹介されています。
二代将軍・秀忠、三代将軍・家光が相次いで寺を参詣したのも、実は家康の死が起因しているとの説が伝えられています。
それを裏付けるように、境内には徳川家康の墓があり、瓦には徳川家の「葵」の紋があります。
画像

歴史の意外なミステリーに興味をそそられます。

6.堺市立町屋歴史館 山口家住宅
江戸時代初期に建築された町家は、全国的にも残っている数が少なく、重要文化財に指定されています。
玄関土間をへて、カマドをもつ大きな土間に続き、日常生活の場である板間、そしてもてなしにも使われた奥座敷に茶室もあり、堺の町家暮しの雰囲気を今日に伝えています。
画像

画像

画像


それぞれの公開施設では、堺市観光ボランティアの方々が丁寧に解説してくださりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

私のサバイバル英会話

大阪の堺を歴史散策。鉄砲、茶の湯から歴史の意外なミステリーまで見所がたくさんあります いま明かす! 旅を通じて広がった世界100景Y&Y/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる