いま明かす! 旅を通じて広がった世界100景Y&Y

アクセスカウンタ

zoom RSS 春日大社、旧柳生街道を通って、千年以上もほぼ手つかずの春日山原始林をハイキング+地獄谷石窟仏

<<   作成日時 : 2016/06/30 09:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

春日大社の一の鳥居から、春日大社本殿付近と若宮神社の前を通り、渓流沿いに石畳の道が続く旧柳生街道、世界遺産に登録されている春日山原始林を周遊するコースハイキングしてきました。
全長12km、約5時間のコースでした。


春日大社の一の鳥居付近で、私たちのハイキングのスタートを小鹿たちが見送ってくれました。
画像


春日大社の本殿に通ずる南門が左手に見えます。
画像


こちらは若宮神社で、脇道をまっすぐ進みます。
画像


画像


柳生へと通じる滝坂の道(旧柳生街道)は、江戸時代に奈良奉行が敷設した渓流沿いの石畳道が残っていて、石仏も多く点在しています。
画像


画像


夕日観音
夕日に映える姿が神々しいことからこの名前がつけられました。
画像


朝日観音
昇る朝日を真っ先に浴びることことからこの名前がつけられました。
訪れたとき、ちょうど朝日がさしていました。
画像


首切地蔵
お地蔵さんの首に切れ目があり、柳生十兵衛の弟子、荒木又右衛門が試し切りしたという伝説があります。
画像


地獄谷石窟仏
大和路の風景・仏像を撮った写真家の入江泰吉の写真を見て以来、訪れてみたかった地獄谷石窟仏。
春日山原始林の周遊コースから外れますが行ってきました。
地獄谷石窟仏は、凝灰岩層をくりぬいた石窟に仏像が線刻されています。
奈良時代に造られたといわれている石窟仏は、朱色が今も色鮮やかに残っていて、苔生した石窟内でとても引き立っています。
画像


画像


春日山石窟仏
東大寺大仏殿を建てるために石材を彫り取った跡に彫られたもので、石仏は全部で18体あります。
画像


鶯の滝
神域である春日山原始林の中に流れ落ちる滝で、とても絵になる綺麗な滝で癒されます。
万葉集にも詠われている佐保川の源流です。
画像



画像

太古より聖なる山として仰がれてきた春日山。
春日山原始林は、平安時代に編纂された「続日本後記」の承和8年(841年)の条には、春日大社の神山の特別な神域として狩猟伐採が禁じる旨が記されていて、今まで手つかずで守られてきました。
春日山にはシダ植物や温帯性、寒帯性の樹木800種類以上の植物が密集しています。

カゴノキは、まだらな鹿の子模様の木で、山側斜面で見れます。
画像


スギが立派に立ち並んでいます。
画像


春日奥山で最大といわれるヤマザクラです。
長い時をかけて成長した木の隆々とした幹には、生命力がみなぎっています。
画像


奈良の市街地からこんなにすぐ近くに、古来より手つかずの原始林があるとは驚きでした。
石畳の趣のある道、点在する石仏、森林浴も満喫できる手ごろなハイキングコースで、リフレッシュができました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

私のサバイバル英会話

春日大社、旧柳生街道を通って、千年以上もほぼ手つかずの春日山原始林をハイキング+地獄谷石窟仏 いま明かす! 旅を通じて広がった世界100景Y&Y/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる