いま明かす! 旅を通じて広がった世界100景Y&Y

アクセスカウンタ

zoom RSS 大阪の天王寺駅周辺を歴史散策(聖徳太子ゆかりの四天王寺、真田幸村ゆかりの茶臼山古戦場跡)

<<   作成日時 : 2016/05/16 19:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

大阪の天王寺駅から歩いてすぐにある聖徳太子ゆかりの四天王寺と、その後、偶然知った真田幸村最後の地である茶臼山古戦場跡を散策して知ったことをブログにまとめてみます。


1.四天王寺

画像

四天王寺は、593年、聖徳太子が最初に建立した寺です。
父帝用明天皇の崩御後、皇位継承をめぐって崇仏派の蘇我馬子と廃仏派の物部守屋が争いが起きた時、14歳の聖徳大子は、仏法の守護神である四天王像を彫って造り、戦勝祈願しました。
戦いは崇仏派の勝利に終わり、聖徳太子は二十歳の時に摂政皇太子となるに及んで、四天王を安置する寺を建てて、衆生救済に努めることを誓われました。
その誓いに基づき、四天王寺を創建するとともに、日本で初めてとなる四箇院(敬田院、悲田院、施薬院、療病院の4つの福祉施設)を建設しました。

四天王寺の伽藍は、南から北に向かって中門、五重塔、金堂、講堂が一直線上に並び、中門と講堂を結んで左右に回廊が囲む四天王寺式伽藍といわれています。
日本で最も古い伽藍配置様式といわれ、中国・朝鮮の上代寺院の様式を継承したものとのことです。
度重なる戦火や災害に見舞われて焼失しましたが、現在の建物は創建当時の様式を再現しています。


宝物館には、聖徳太子と関係の深い遺品、太子七種を宝物として特に大切にされています。
太子七種とは、
太子が帯びられていたとの伝承をもつ丙子臑椒林剣と七星剣、
物部守屋との戦いで用いられたという鳴鏑矢、
太子自らが記し、その手形を捺したとされる四天王寺縁起根本本などがあります。

当日は、そのうちの一つである、太子が召されたと伝わる唐花文袍の残欠が展示されていました。

また、後醍醐天皇が太子の根本本を閲覧し、深く感銘を覚えて発願書写し自らの手形を捺したという四天王寺縁起後醍醐天皇宸翰本も展示されていました。
太子の聖跡である根本本は人の目に触れるべきものではなく、写本を作って以後は、堂内より出してはならないと奥書に記されているとのことです。

このほかにも、天王寺舞楽の装束《迦陵頻》《胡蝶》、鼉太鼓、鞨鼓など、たいへん見応えのあるものがたくさん展示されていました。

天王寺舞楽は、毎年4月22日、聖徳太子太子の命日を偲んで行われる「聖霊会舞楽大法要」をはじめとする四天王寺の法要等で奉納されてきたものです。
起源は日本書記 推古天皇20年(612)の条にある、百済人の味摩之が日本に伝えたという記録まで遡り、この時、舞を学んだ秦河勝の一族の末裔が舞楽を担ってきたといわれています。

下の写真の手前にあるのが石舞台(重文)で、天王寺舞楽の舞台となっています。
ここで奉納される天王寺舞楽をいつか見てみたいです。

画像



日中の名筆、漢字とかなの名品が見れる特別展「王羲之から空海へ」を開催している大阪市立美術館に行くために、周辺地図を見ると、驚いたことに美術館のすぐ近くに茶臼山があるのに気づいたので立ち寄りました。

画像



2.茶臼山古戦場跡

1615年5月7日、大阪夏の陣で茶臼山に陣を構えた真田幸村(信繁)隊3、500は、この日の正午過ぎ、徳川方の松平忠直率いる越前勢15,000と激突し、真田の赤揃えと松平家のツマ黒が交互に入り乱れる大阪夏の陣最大の激戦(天王寺口の戦い)がこの茶臼山周辺で繰り広げられました。

数では劣る真田隊は高い戦意と捨身の攻撃で越前勢を突き破り、徳川家康の本陣を目掛けて一文字に三度の攻撃を仕掛けて、あとわずかで徳川家康に手が届くところまで迫りましたが、数に優る越前勢が混乱から立ち直り反撃を開始してきました。
しばらく茶臼山に拠って抵抗を続けた真田隊も越前勢の猛攻によって奮戦むなしく壊滅しました。
真田幸村も激戦を戦い抜いて疲労し、茶臼山の北にある安居天神で休息しているところを越前兵により討ち取られたといわれています。

毎週、NHK大河ドラマ「真田丸」を楽しみにしている私ですが、訪れた前日の5/7が真田幸村の命日と知り、感慨深かったです。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

私のサバイバル英会話

大阪の天王寺駅周辺を歴史散策(聖徳太子ゆかりの四天王寺、真田幸村ゆかりの茶臼山古戦場跡) いま明かす! 旅を通じて広がった世界100景Y&Y/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる