いま明かす! 旅を通じて広がった世界100景Y&Y

アクセスカウンタ

zoom RSS 奈良国立博物館で三巻全て同時公開されている信貴山縁起絵巻は面白い!

<<   作成日時 : 2016/05/16 19:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

毘沙門天王の聖地として聖徳太子により創建されたと伝えられる信貴山朝護孫子寺(しぎさんちょうごそんしじ)。
その信仰のもとに制作された国宝 信貴山縁起絵巻は、伴大納言絵巻、源氏物語絵巻と並び日本三大絵巻の一つとして知られています。
奈良国立博物館で開催されている特別展「信貴山縁起絵巻―朝護孫子寺と毘沙門天王信仰の至宝―」の観賞と、公開講座「信貴山縁起絵巻と朝護孫子寺の毘沙門天王信仰」も合わせて聴講してきました。

この展覧会では、全会期中三巻すべての場面を同時公開する史上初めての試みで、もうこのような形で見れる展覧会はないかもしれないとのことでした。

画像


国宝 信貴山縁起絵巻
奈良・朝護孫子寺
平安時代(12世紀)制作

信貴山朝護孫子寺の中興開山・命蓮(みょうれん)上人にまつわる奇跡譚を全3巻に描く平安絵巻。
信貴山の本尊毘沙門天王の霊験に由来するとみられ、初期の社寺縁起絵巻の姿を伝えています。


1.山崎長者巻 長さ879.8cm
命蓮が托鉢のために法力で飛ばした鉢が、京都の山崎に住む長者にぞんざいに扱われ米倉の中に閉じ込められた。
鉢は米倉から飛び出るとその米倉をのせたまま空に舞い上がり、信貴山の命蓮のもとまで運んでしまう。
鉢を追いかけて信貴山に至った長者に対して命蓮は米俵だけを返すことを約束すると、鉢にのせた米俵は連なるように空を飛んで長者の家の倉跡に落ちたというストーリーが描かれています。


2.延喜加持巻 長さ1285.4cm
延喜の帝(醍醐天皇)が患った重い病の平癒を命蓮に加持祈祷させるよう、都から信貴山に向けて勅使が派遣された。
命蓮は信貴山に留まって加持祈祷を行い、その成就の証として遣わした護法童子(ごほうどうじ)が金輪(きんりん)を転じながら帝のもとに飛来し、帝の病は無事平癒したというストーリーが描かれています。


3.尼公(あまぎみ)巻 長さ1423cm
信濃出身の尼公が、東大寺で受戒するために故郷を出た弟の命蓮を捜し尋ねて大和へと旅立つ。
東大寺大仏殿で一晩祈り、大仏のお告げによって信貴山にたどり着いた尼公は、弟と感動の再会を果たしたというストーリーを描かれています。



聖徳太子は、廃仏論者の物部守屋との戦いに向かう途中、信貴山に至りました。
戦勝の祈願をすると天空遥かに毘沙門天王が出現され、必勝の秘法を授かりました。
太子はその御加護で勝利し、自ら天王の御尊像を刻み伽藍を創建、信ずべし貴ぶべき山『信貴山』と名付けたといわれています。

毘沙門天は、多聞天として持国天、増長天、広目天と共に四天王の一尊に数えられる武神であり、北方を守護する神です。
また、四天王としてだけでなく、独尊で毘沙門天として信仰の対象となっています。
毘沙門天は武神として、楠正成や武田信玄など後世の人々から尊崇されていたことが朝護孫子寺に伝わる文化財からわかります。


長い長い絵巻はとても見応えがあるので、観賞する人の列がなかなか動かず、結構待って見る人が多かったのですが、閉館30分前ぐらいになると人の列もなくなり、ゆっくりたっぷりと絵巻を楽しめました。

実際に絵巻をゆっくり見たり、公開講座で見所を教えてもらったので、
・剣の護法の車輪はスピード感を表現するための残影を巧みに表現
・尼公が東大寺大仏殿で一晩中祈る姿をコマ送りで表現
・当時の庶民や猫、犬まで描かれた日常風景
・東大寺大仏殿の消失前の様子が描かれている
・蛍光X線分析により、金泥、銀泥、群青など高価な顔料を使って描かれていたことが判明
・後白河法皇は何度か朝護孫子寺に参拝に訪れていたことが文献からわかっているので、後白河法皇による絵巻コレクションに含まれるのではないかといわれている
など、信貴山縁起絵巻のことがよくわかって面白かったです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

私のサバイバル英会話

奈良国立博物館で三巻全て同時公開されている信貴山縁起絵巻は面白い!  いま明かす! 旅を通じて広がった世界100景Y&Y/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる